ヘルプ

ワークアウトの構成とカスタマイズ

Zonesアプリでワークアウトを測定する時、アクティビィティの種類により自動的にワークアウトの構成を決定します。
これらは「カスタムワークアウト」で任意に変更することができます。(PROのみ)
無料版をお使いの場合は、デフォルト構成の確認方法をごらんください。

目的のアクティビティの種類が無い場合、カスタムワークアウトで自由に名前をつけて作成することができます。

1. ワークアウトの構成

ワークアウト名
ここに登録された名前が、記録結果のワークアウト名として表示されます。
この名前は、他アプリでも表示される場合があります。(Appleのアクティビティ アプリなど)
デフォルトでは、アクティビティの種類の名前になります。
カスタムワークアウトの場合、わかりやすい名前を自由につけてください。
アクティビティの種類
目的のアクティビティが見つからない場合は、なるべく近いものを選択してください。
アクティビティの追加はできません。
この種類は、Apple ヘルスケアのアクティビティと連動しています。
OSのバージョンに依存するため、 iOSとwatchOSにバージョンのズレがあると測定できない場合があります。
watchOSのバージョンアップも忘れず行ってください。
場所
運動を行った場所を設定します。
プールの長さ
プール水泳以外では表示されません。
この設定をもとに、ラップが自動的に記録されるようになります。
アクティブカロリー
アクティブカロリーの合計をワークアウトに登録します。
距離
ワークアウトに距離の合計の登録と、距離データを紐付けします。
距離の測定に対応していないアクティビティの種類の場合は、この項目は表示されません。
距離のデータソースは、アクティビティの種類により変わります。
ラベルには、対応する距離のデータソース名が表示されます。
経路の位置情報
GPSの位置情報を収集して、ルートマップの登録します。
OFFにすることにより、Apple Watchの電力消費を抑えることができます。
ルートマップが必要ない場合には、OFFにしてください。
自動ウォーターロック
ワークアウト開始時に、自動的にウォーターロックを行います。

2. カスタムワークアウトの作成

  1. Zones iPhoneアプリを起動
  2. 「設定」タプをタップ
  3. 「カスタムワークアウト」をタップ
  4. 「新規作成」をタップ

変更も可能ですが、記録済みのワークアウトには反映されません。
削除はカスタムワークアウト一覧画面で、対象行をスワイプします。

3. カスタムワークアウトを使った測定

登録したワークアウトは、 "その他のワークアウト" > "カスタム" から選べるようになります。

もし、最新情報に同期されていない場合は、設定から同期を行ってください。

4. デフォルト構成の確認方法

無料版の場合でも、デフォルトの構成を確認することができます。

  1. Zones iPhoneアプリを起動
  2. 「設定」タプをタップ
  3. 「カスタムワークアウト」をタップ
  4. 「新規作成」をタップ
  5. アクティビティをタップ

一覧に表示されているアイコンの有無が、デフォルトの構成内容になります。
ただし、「経路の位置情報」は、場所の設定が「屋外」のときのみ有効です。

5. 距離が測定対象外のアクティビティについて

距離データは、watchOSがAppleヘルスケアに登録しています。
距離データのサンプル間隔は、通常は数十分単位ですが、ワークアウト中は数秒単位になります。
ですが、距離データの登録が以下の挙動になるアクティビティを確認しており、それらをZonesでは距離の測定の対象外としています。

  1. 距離データが登録されない
  2. ヘルスケアへリアルタイムに登録されない

このような挙動の詳細はwatchOSの仕様になるため、分かりかねることをご了承ください。
以下に、私達がApple Watch Serires 3 + watchOS 4.2 で試した参考情報を記述します。

上記が、1. 距離データが登録されないアクティビティです。
上記以外は、測定後にデータの再収集をすることにより、正しい距離に更新できる可能性があります。
ですが、ご利用の環境や、ワークアウトの内容により異なる場合があります。ご理解のうえ参考情報としてご利用ください。